MENU

【松本人志問題】鈴木紗理奈が「サンジャポ」で芸能界の忖度に苦言

鈴木紗理奈が松本人志問題に苦言

鈴木紗理奈が、14日にTBS系情報番組「サンデー・ジャポン」に出演し、レギュラーコメンテーターとしてダウンタウン・松本人志の休業発表についてコメントしました。鈴木紗理奈は「週刊文春」の報道に対する松本の訴訟に焦点を当て、芸能活動休止を発表した松本の問題に関して率直な発言を行いました。

目次

鈴木紗理奈「芸能界は変わるべき」

冒頭で鈴木は、「芸能界も今、変わるタイミングというか…」と述べ、「やっぱりうかつなことは言えないし、利害関係があるので、私たちは」と、芸能界内での忖度がまん延していることを指摘しました。また、「これから芸能界も変わらないとだめだし、私たちも思うことをもうちょっと自由に言っていこうとしてるタイミングだとは思います」と述べ、変化の必要性を訴えました。

かつての元カレであるたむらけんじが松本に女性をアテンドしていたと報じられたことについては、「それがこういう合コンだったんだって思うと、めちゃくちゃキモいなって、今思ってますね」と厳しい表現で語りました。また、「後輩や女性に対して、もうちょっと配慮があってほしかった」とし、上下関係においても言及しました。

更に、「女性へのバッシングがすごい目に付くんですけど、『警察行ったら良かったやんか』とか『8年前のこと』とか、それが結構気になってて」と、週刊文春に告発した女性を慮る発言も。「弱者の人が勇気を持った発言が世の中からこういう風にバッシングされて。関係ない当事者じゃない人たちが社会から追い出すっていうことは、やっぱりちゃんと考えないといけないなと思いますね」と疑念を呈しました。

彼女の率直な発言に対し、ネット上では「とても共感できる」「鈴木紗理奈さんその通り!被害者の落ち度を叩くべきじゃない」「鈴木紗理奈氏は、芸能界が変わる必要を口にし、道理を説いた」「『私たちには利害関係があるので』鈴木紗理奈さんの言葉が全てだよね」などと称賛の声が上がりました。

この記事に関する皆の反応・コメント

芸能界以上に歌舞伎の世界、梨園を何とかしなくてはいけないと思う。
人間国宝になっている歌舞伎役者は多く、女は芸の肥やしみたいな伝統が未だに続いている気がする。
文春砲にあっても懲りずに不倫を繰り返したり、奥さんが癌で闘病中に芸姑と不倫していても殆んど咎められない。
日本の伝統芸能を絶やさない為にも、現代の倫理を身に着けた上で芸に磨きを掛けて伝統を繋げていって貰いたい。

若手から見ているがダウンタウンも今の地位にしたから上り詰めていったひとり。チャンピオンになる社長になると自分が思っている以上に周りが変わっているもの。今まで通りで接しているつもりでも下のものはとんでもないプレッシャーや脅威を感じている。本人たちはナンパの延長ぐらいに思っているかもしれないが新人女優やタレントからすれば死活問題だったかもしれない。そういう心境を考えるべきだったんじゃないか?

公共のメディアであるテレビ客職員の問題も大有りです。ディレクターとアシスタントディレクターは、会社で言うと正規と非正規職員かそれ以上の差があるのでないか。過去にADが、松本さんの意向を伝えるために、見にきていたファンに紙を渡していたと言う話もあり、芸人だけでなく、テレビ客員やその上層部の似たような行為があり、テレビ界全体に風紀が乱れているからこう言うことが起こりやすくなっているのでないか。

鈴木紗理奈さんのプロフィール

生年月日: 1988年8月15日
出身地: 熊本県
身長: 約160cm
血液型: A型
経歴と活動:
鈴木紗理奈さんは、2006年にオスカープロモーション主催の「ミスオスカープロモーション2006」でグランプリを獲得し、芸能界にデビュー。その後、女優としてテレビドラマや映画などで幅広い役柄をこなし、存在感を発揮しています。

バラエティ番組やトークショーにも頻繁に出演し、その明るいキャラクターと親しみやすい笑顔が人気。また、ファッションモデルとしても活動しており、そのスタイルやファッションセンスも注目を集めています。

鈴木紗理奈さんは、さまざまな分野での活躍と個性的なキャラクターで、多くのファンに支持されています。

鈴木紗理奈が松本人志問題に苦言

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次