MENU

【松本人志問題】各芸能人・著名人の反応・コメントまとめ

松本人志問題

休業を発表した松本人志さんについて、芸能人・タレント・著名人の反応・コメントについてまとめました。

目次

上沼恵美子「松本人志の遊びは三流以下」

上沼恵美子さん(68)が、14日に読売テレビのトークバラエティー「上沼・高田のクギズケ!」に出演し、週刊文春の報道で活動休止を発表したダウンタウンの松本人志(60)さんに対して厳しい言葉を投じました。

「2、3年活躍するのが大変な世界で30年、トップを走り続けてきたのはすごい力を持っているわけ。やっぱりトップで長年やって、仕事と私生活が別というのはもう通らへんと思うねん。自分の人生でありながら自分の人生でない」

「一応、女やっているんで吐きそうになった。超一流の人間やのに、なんや遊びは三流以下やったね」

「もうイメージダウンはしてるけど、あなたがこの世界からいなくなるのはかなわん! 引退なんてもってのほか。こんなことで休業するなんて、ちっちゃい」

爆笑問題の太田光「松本さんも自分を守るべき」

TBS系「サンデー・ジャポン」にて爆笑問題の太田光(58)さんも、松本人志さんについてコメントをしています。

「これだけシリアスな状態になって、笑いにしにくいっていうのも当然だし、活動休止していく中で、松本さんも自分を守るべき」

被害を訴えた女性についても「その時点で警察に言えなかったと自分を責める必要はない。あとから理不尽だと思ったとしたら、それはやっぱり理不尽なんだよ」

「俺は分からないよ、仲悪いしね」と軽口を交えつつ「松本さんのファンの人も傷ついているだろうし、誰もが自分を守る権利はあると思う」

「例えば玉座に座っていた王様が転げ落ちるという物語を自分が面白いと思えるように作れるとするなら、その笑いこそが松本さんを救えると思う」

東野幸治「“休みます”と言いたかったのかな」

松本人志さんを昔からよく知る東野幸治さんも、14日放送の「ワイドナショー」で以下のようにコメントしています。

「“裁判が終わるまでは休みます”と言いたかったのかな」

「(松本は)放送法とか公平性はテレビの人だから分かっていると思うから、そんなこと(騒動の詳細)を言うつもりじゃなく、それは裁判ではっきり白黒させましょうと。とにかくこういうことでお休みさせていただきますっていうことを言いたかったのかなってくみ取りました」

安藤優子「当事者同士でしか分かりえない」

同じく14日のワイドナショーに出演した安藤優子さんは以下のようにコメント。

「松本さんが裁判で決着をつけたいと思っているというのは、とことん白黒をはっきりさせたいという思いだと思う」

「裁判で争われる事実関係というのは、もし週刊誌の報道が事実だとすれば、密室の中のできごとなので、当事者同士でしか分かりえない。それは裁判で雌雄を決していただくしかなくて、私たち第三者が、そこにいたわけでもないのに、何が起きたんだろうと、想像の範ちゅうで何かを言うことはナンセンスだと思う」

「その裁判のためにお笑いという自分の活動を休止するという、松本さんの気持ちはよく分かります。なぜならば、報道されている週刊誌の内容が、笑いに変えられる内容では到底ないから。事実か事実無根かは置いておいて、それを背負いながら、お笑いというものを同時に背負うというのは無理がある」

和田アキ子「半端じゃない覚悟だと思う」

14日に放送されたTBS系「アッコにおまかせ!」で和田アキ子さんが松本人志さんの問題についてコメントしています。

「私個人として、股関節を痛めた時にものすごく相談に乗ってくれた。彼も股関節を手術したりしていたから、すごい優しさを感じている。(ダウンタウンが)東京に出だしたころは浜やん(浜田雅功)もいっしょに飲んだりした」

「優しい人やなと思っているから、でもそういうのとは違って、プライベートな部分は、これは分からない。被害に遭われてつらい思いをされている女性もいると(報じられていると)いうのも事実」

活動休止をすることが、多くのレギュラー番組などに与える影響が大きいことを踏まえ「そんなことも分かっていて自分で休止を決められたのだから、半端じゃない覚悟だと思う。収入だけはなく、もちろんお子さんのこともあるし、自分のプライドもあるだろうし、もちろん相手(女性)の方を思ってのこともあって、そういう時に、お笑いをばかにしているわけではないが、人をイジったり笑わせたりというのは、松ちゃんとしては今の時点では相手にも失礼だと思って、自分で決められたのかも分からない」

「こんなにレギュラーを持っていてこんな結果になって(活動)休止を発表したというのは、ちょっと胸が痛い思いはある。こういう風に毎日、ワイドショーとかテレビで(報道を)やるじゃないですか。被害に遭われた(と報じられている)方は、もっとつらいと思う。そっとしておいて欲しいというのが本心かもしれない」

陣内智則「何が真実なのか待つしかない」

同じく14日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」に出演した、お笑いタレントの陣内智則さん(49)は

「どういう会なのかまったく分からないですけど、僕が見てきた限りの松本さんとの食事会、飲み会というのは、やっぱりお笑い芸人なんで、女性を楽しませようと僕らもしてましたし、松本さんが女性に不快な思いをさせるような行為、行動はまったくなかったですし。僕たちが2人っきりにに仕向けるようなことも一切したことないんで。そこは僕の経験上、言いたいんですけど」

「ただ、密室になったときに、それは僕たちの知りえるところじゃない。密室でどういう会話になっていたかが問題だと思う。」

「今回、被害を訴えている女性の方がいるので、その人の気持ちにもちろん尊重しながら慎重に寄り添っていきたいですし。松本さんが今回、こんなにレギュラーを休止してまで裁判をするって覚悟も僕は伝わるので、あとは何が真実なのか待つしかないかな」

と心境を明かした。

明石家さんま「ものすごい分かる」

明石家さんまさんは、13日夜、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」でこのように推察しています。

「子供のためっていうのがかなり大きいような気がする。番組とかには迷惑かけるけども、家族のために、っていう感じは、間違ってるかもしれへんけど、ものすごい分かる」

橋下徹「文集有利」

元大阪府知事で弁護士の橋下徹さんは、X(旧ツイッター)でこのようにコメントしています。

「被害を訴えている女性がいることの報道と認定されれば文春有利」

「文春側は性加害があったとは断定せず、被害を受けたと訴える女性が存在するという報道になっている」

「一般人の読み方基準によって記事は何を報道したのかを確定する作業が勝敗を99パーセント決める。被害を訴えている女性がいることの報道と認定されれば文春有利」

「女性の証言が虚偽ならば、文春相手ではなく女性も訴える必要がある。ここは文春が取材源の秘匿を持ち出すかもしれない。そうなれば、性加害の有無よりも、そのような被害を訴える女性が本当に存在するのか、文春の取材が適切だったのかが争点になる

グラビアアイドルのRaMu「お子さんと奥さんが一番の被害者」

グラビアアイドルのRaMuさんは、14日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」でこのように私見を述べています。

「奥さんがいるにもかかわらず女遊びしていたのは…」

「小沢(一敬)さんがLINEのスクショ出しちゃってるんで、(飲み会自体は)認めたと言わざるを得ないことになってしまってる。たむらけんじさんのラジオもほぼほぼ認めちゃっていたという部分もある」

「そもそも2007年から今の奥さんと交際されているのに、女遊びをたくさんしていたということを見ると、お子さんと奥さんが一番の被害者かなと思ってる」

「なので、松本さんのツイッターとかで『やっと出たね』とか『ワイドナショー出まーす』とか言って『俺は性加害してないぞ』にフォーカスを当ててるけど、実際に今フォーカスを当てた方がいいのは、この不倫問題じゃないかなと思う」

松本人志問題

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次